« 2009年5月 | トップページ | 2015年3月 »

2009年6月

協力する

コネタマ参加中: 裁判員、やりたい?やりたくない?

施行前に抽選で選ばれて2度ほど模擬参加しましたが、

大切なことだと思います。検察、弁護士だけでは調査しきれないこと、

裁判官も判断が困難、鈍ったりするのではないかな。

国民が手伝ったほうが真実がよりハッキリすると思う。

とくに警察の冤罪問題が多いから、余計にね。

この前も、栃木での幼児殺害で逮捕されて15年間服役した男性、

結局は幼児の衣類に付着したものからDNA鑑定したら、

犯人とされた男性のものでないことがわかって無罪。

冗談じゃねえよ、「オレの15年間どうしてくれんの」って話ですよね。

島根県の奥さんと子供が18歳の男にレイプ後殺害された事件も、

死刑を訴え続けているが真相はどうなんだろう

だって、見知らぬ不審な男を簡単に家へ入れるかな・・、普通。

以前から顔見知りだった?、

もし殺された奥さんがセックス好きで、それも若い男と寝れる、

なんていう気持ちになった可能性だって考えられるし、

殺しにいたったのは寝ていた赤ちゃんが大泣きしだして、

あせった男が子供を殺そうとした。

それを止めに入った奥さんも一緒に殺害。

あの極悪非道な犯人に何十人という弁護士がついたとき、

そんなことをつい思いました。

そんな意味で、国民の協力は必要だと思う。

とくに不景気で凶悪犯罪はこれからどんどん増えることでしょう。

あなたも僕も、いつ冤罪逮捕で何十年も服役する可能性大。

裁判員、やりたいと思いますね。

| | コメント (43) | トラックバック (0)

« 2009年5月 | トップページ | 2015年3月 »